PageSpeed InsightsとLighthouse(続編)

パフォーマンス計測ツールの一つであるLighthouseの計測値は、実行環境に左右されます。

例えばPSIを経由すれば、クラウド上で実行することを意味しますし、Chromeを経由すれば、そのchrome上で計測します。この環境差を踏まえ、計測値を分析する必要があります。また、Lighthouseのバージョンにも留意しなければならないでしょう。ただ、ここまで注意しても、計測値同士の隔たりを上手く説明できないことがあります。最終的にどちらを信用するべきかは、今のところ解決していない問題です。

ところでPageSpeed Insightsの新バージョンが公開されました。このv5で入手できるデータは以下の通りです。新PSIのデータ、Chromeユーザーエクスペリエンスレポートのデータ、lighthouseカテゴリデータ(パフォーマンスやベストプラクティス、SEO等)・・。今回のバージョン更新により、API利用者は自身のツールも更新しなければなりません。また、今後はLighthouseが勢力を伸ばすと考え、相応の準備をする必要もありそうです。因みにChromeのLighthouseは英語で対処する他ありませんが、PSIのLighthouseに限っては日本語で提供されており、日本人には有難いサービスです。

最後に改めて、パフォーマンス改善のための基本をご説明します。

ウェブを構成する要素の中で、データ量の多い順に並べると、画像、JavaScript、フォントの順です。当然パフォーマンスバジェットの考察対象としても、これらは大きな位置を占めています。それにもかかわらず、例えば画像を最適化できていないサイトは、山のように存在します。このデータ量を激増させる3つについてよく学ぶことが、パフォーマンスを効率的に改善する前提であると心得て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です